木下黄太 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:木下黄太について? 解決方法/評価

・木下黄太のブログから「東京は放射線管理区域並みの汚染なのです。人が健康に住める所ではないのです。」これ、本当ですか?

・被曝の初期症状として足の膝に水がたまる事はありうるのでしょうか?私事ですが私の知人の18歳で埼玉に住む女の子が年末あたりから足の膝に水がたまってしまい、痛くて歩くのも辛くなるほどになってしまっています。勿論埼玉も関東ですから放射能汚染が、申告なのはわかっています。福島が収束しないまま3年がたった今、東日本を中心にチェルノブイリ状態であることは間違いないでしょうし…私自身はチェルノブイリを長年取材された木下黄太ジャーナリストによるレポートを読むと膝に水がたまる事もあるかと考えていますhttp://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6876e0aebd092a124acd57f1...因みに、彼女は昨年10月に福島へと用事があり短期間ではありますが福島に滞在した後なのでなおさら放射能の影響ではないかと想定してしまいます

・被曝の初期症状として足の膝に水がたまる事はありうるのでしょうか?私事ですが私の知人の18歳で埼玉に住む女の子が年末あたりから足の膝に水がたまってしまい、痛くて歩くのも辛くなるほどになってしまっています。勿論埼玉も関東ですから放射能汚染が、申告なのはわかっています。福島が収束しないまま3年がたった今、東日本を中心にチェルノブイリ状態であることは間違いないでしょうし…私自身はチェルノブイリを長年取材された木下黄太ジャーナリストによるレポートを読むと膝に水がたまる事もあるかと考えていますhttp://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6876e0aebd092a124acd57f1...因みに、彼女は昨年10月に福島へと用事があり短期間ではありますが福島に滞在した後なのでなおさら放射能の影響ではないかと想定してしまいます

・被曝の初期症状として足の膝に水がたまる事はありうるのでしょうか?私事ですが私の知人の18歳で埼玉に住む女の子が年末あたりから足の膝に水がたまってしまい、痛くて歩くのも辛くなるほどになってしまっています。勿論埼玉も関東ですから放射能汚染が、申告なのはわかっています。福島が収束しないまま3年がたった今、東日本を中心にチェルノブイリ状態であることは間違いないでしょうし…私自身はチェルノブイリを長年取材された木下黄太ジャーナリストによるレポートを読むと膝に水がたまる事もあるかと考えていますhttp://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6876e0aebd092a124acd57f134b8534b因みに、彼女は昨年10月に福島へと用事があり短期間ではありますが福島に滞在した後なのでなおさら放射能の影響ではないかと想定してしまいます

・こいつらは放射脳ですよね?バンダジェフスキーやヘレン・カルディコット、小野俊一、木下黄太

・こいつらは放射脳ですよね?バンダジェフスキーやヘレン・カルディコット、小野俊一、木下黄太

・木下黄太はデマ野郎の放射脳ですよね?東京も放射能まみれで危険だと言ってるのはおかしい

・「友達が毎日喉の腫れが大きくなり、お菓子も飲み込めなくなり、甲状腺肥大で摘出手術した」都内女子大生。木下黄太のブログより3が日でもお話があると言って、ぼくのところには、電話がかかってきます。東京の人からです。 「私は少しでも多くの人が気がつくきっかけになってほしいから、三が日に電話する失礼でもあえて電話しています。1年半前からおきている、わたしの幼馴染の娘さんが大学生ですが、その子の友達、同級生の話です。彼女も大学生。まず2012年の中ごろ、喉にあざができたそうです。それでもこれは自然治癒して消えていったから、そのまま放置していたそうです。その後、学校の検診で、多分触診レベルで、のどの何か異常を指摘されたようで、本人は近所の病院に罹ったみたいですが、その病院に大丈夫だろうと言われて。そうしたら、今回は2013年の後半でも、検診で引っかかったそうです。今度は更に検査を進めると、甲状腺が肥大しているから摘出をと11月に言われたそうです。そして12月に摘出手術。 『彼女に毎日、学校で会うたびに喉の腫れが大きくなっているのが、傍目に分って怖いです。友達でお菓子のやりとりをよくするのですが、彼女がお菓子をなかなか飲み込めないのも怖いんです。』こういうふうに聞いています。」この摘出手術では、がんにはなっていないことや、リンパなどにも異常は見られないという事ですが、甲状腺の機能異常は、がんだけではないという認識も必要ですし、何かのシグナルを読み解ける医者がいても、そのバトンを受け取る医師が適切に見つからないケースも多くあります。 僕は放射能汚染地では、こうした軽微な異常は、これから恒常的に増え続けると考えています。汚染地で生きることを、僕は拒否する立場ですが、それでも生きると言い張るなら、こうした危機について、対処し続けないと話にならないという事です。どうやら福島だけでなく首都圏にも放射能の魔の手が忍び寄ってきていませんかね?

・甲状腺結節2ミリ⇒7ミリに半年で増大、首都圏30代女性。給食で和食重視の流れ?被曝を回避する必要がありませんかね?http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/a42d58a23b7e8c0941193dfeee5166932013-12-30 07:30:45 木下黄太のブログより 甲状腺の結節について、半年前の2ミリの大きさと言われた首都圏の女性が、最近の診察では、専門病院で7ミリと言われたそうです。甲状腺に関しての、気になる報告は僕のところにも、お子さんよりも、その母親や、30代から40代の世代の女性たちから聞き続けています。年末まで、聞こえてきている状況です。お子さんのことだけでなく、まずご自身の健康状態の確認をして下さい。 きのうは、熊本で、被曝対応に理解のある地元議員が亡くなった報告も聞きました。放射能防御をよく理解する、西日本の地元の人が、亡くなる報せを聞くたびに思っているのてすが、多分ご自身が体調不良などが元々あり、自己の体調に懸念している人ほど、放射能防御に理解が高い構図がある気がしています。健康という事に懸念を感じる方が、まず理解が深くなる構造。ただ、逆に言うと、世の中の大勢が、被曝懸念を強めないと言う事も、この辺に関係があるのかもしれません。============================================== 京都市教育委員会が小学校の給食で、週1回のパンを止め、米、みそ汁や漬物という、和食中心の献立を目指す検討委員会を来春に設立するそうです。和食の世界的な評価と絡み、こうした和食重視の流れにしたい要求が出ているという事です。これは、今後、強まってくる話だろうと僕は思います。 ここに、きちんと被曝を懸念する流れを作っていかないとならないと僕は思います。西日本では、そこに地産地消というワードを入れることで状況がさらに改善すると思います。こうした給食へのこれまでと違うアプローチを、被曝を懸念する人々の間で具体的に広げていくべきと僕は思います。使えるモノは何でも使わないとなりません。実を取ることが大切です。

・【東京の放射能汚染】子供の突然死が10倍、白血球の数値の7割に異常。予兆は出揃っているのでは?昨日、子供の甲状腺、血液検査をしたお友達の話を聞いた。首都圏10人子供を検査すると、6~7人の子供の白血球の数値に異常が出ているそうだ。つまりは骨髄が被曝でやられている。ちょっとすごい確率だと思うんだけど。 村上周三・東京大学名誉教授東京の友達の話>子供たちの白血球の数値、7割に異常。”甲状腺検査に厚生省の圧力”以下は東京の友達の話です。甲状腺と血液検査をやってくれる病院をやっと見つけて、受けると・・・『子供たちの白血球の数値が異常なことになっていて、特に、10歳以下に変化が多いとのこと。さらに、五歳以下になると、10人のうち正常な子は3人しかいない。7人は、異常な値になっている。だから小さい子ほど、ほとんどみんな異常値だって言ってた。100人見てたら70人異常値とのとこ。しかし、だいたい都内の子ばかり。何人か茨城や栃木や福島からも来てるらしいけど栃木や茨城の子どもには異常値がなかなか無いらしい。だから、田舎の森や土があるところの方がもしかしたら、沈着していて吸い込みづらいんじゃないかとか都内のコンクリートやアスファルトでは、沈着するとこが少なくてぐるぐる循環して舞い続けてるんじゃないかとか、憶測が浮かんでしまう 』と先生が仰っていた。被害の順番は、福島の次は茨城、栃木じゃなくて東京じゃないかと仰っていた。そこの病院は厚生省から、過剰診察ということで、甲状腺検査については保険診療が5月からきかなくなっているそうです。圧力がかかっても、自費でも検査していくそうです。(東京都西部の内科です)私だったら東京に住みません(カルディコット医学博士)ガン発症のリスク:子ども達は、大人の10-20倍。胎児は大人の数千倍東京の黒い物質、15,600,000Bq/m2の汚染。ベルラーシの5倍。福島の癌化のスピードはチェルノブイリの5倍。尋常でない。”甲状腺癌、白血病の報告が次々と届いている”KinositaKouta 木下黄太 ある知人が、最近、親戚に言われたと今、電話がきた。親戚は国会の事務局に長年いる人。「今の政府の言う事を信用するな。数値は本当じゃない。都内でも十五歳以下の生存は保障しない。海外か遠くに逃げろ。静岡くらいまでは危ない」元総理とも懇意にしている親戚の話に、僕の知人は困惑していました。

●気になる商品を検索

チェルノブイリ木下黄太木下黄太ジャーナリストQ&A放射線管理区域並みチェルノブイリ状態埼玉放射能汚染被曝初期症状レポート私事東日本年末あたり解決方法知人長年福島関東

●気になる話題を検索