STAP現象 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:STAP現象について? 解決方法/評価

・オボチャンは、STAP細胞が見える3Dメガネとか発売すりゃ、いいんじゃね?儲かるやん。オボチャンにしか、見えないって、ずるいよね?見たい、見たい!!

・小保方さんはSTAP幹細を作成していますか?

・ポメラニアンはシフォンちゃんだそうです。ホモジジイの名前はコンソメスープちゃんです。 たとえ低学歴であっても、正常者ならキモさというものを理解できますよね。 結局、キモさも理解できていない奴なのです。 奴の写真添付をご覧ください。異常者丸出しです。その写真の何がキモいかは説明しなくてもお分かりですよね。しかしコンソメ本人は全く気が付かない変人なのです。 あの写真が、シフォンちゃんが生きている証拠になっていない、それも理解できない馬鹿が、理研のSTAP論文を非難していたのです。 賢い正常者にとっては、小保方という人物は最初から不思議ではありませんでしたが、逆にそれを叩く連中のうち、コンソメスープだけは1人不思議な存在でした。 なぜか、男のくせに小保方さんに嫉妬しているのです。 私が小保方に片思いしているなどと見なして質問妨害し続けます。嫉妬なのです。 私は、consomesoup コンソメスープ氏と関係ない科学の質問に、出てきて妨害するな、と言っているのにそれを理解できないのです。 関係ない質問を妨害するから指摘されるという自覚がありません。 低学歴のホモジジイの頭では、理解できないからです。 人間のあらゆる欠陥を集めてしまった、おぞましいホモジジイが正解でしたね。 結局、一年間毎日小保方叩きした「普通の成年男子」ではないコンソメちゃんの真相は、 50代のホモジジイが、世間の男たちから、チヤホヤされた小保方さんに、激しく嫉妬した、ですね。 小保方さんの「モテ期」に一年間毎日嫉妬したホモジジイ。 小保方はA型だから謝らないと力説するホモジジイは、科学も、研究も、どうでも良かった。 単に、世間の男からモテている小保方が、ホモジジイとして許せなかった。←正解ですね? ちなみに、私より先にその真相と動機を見抜いていた人はいますか?

・とんでもない狂人の低学歴ジジイが、自然科学や理系の研究者や大学院についての質問にまで、割り込んで来て、自分の方が分かっているという邪魔をします。 一年間毎日小保方叩きをした嫉妬キチガイです。 大学院や生物学が根本的に分かっていないだけに、一年間も嫉妬狂いできるのだと思います。 小保方に限らずあらゆる物事に嫉妬しし続けています。 マトモな理性も何の努力もしない劣悪人間ですが、このサイトで最もSTAP論文問題について回答行為をしたジジイです。 何を論じ合っても正しく理解できていないから、スピリチュアルの教祖のように無敵状態です。 大学院カテに質問するのは、大学院が分かっているレベルの回答者を求めているのに、それもまた理解できずに邪魔してきます。 何かも滅茶苦茶ですが、本人は、生物学も物理学も大学院も分かっていて、読解力もあるつもりでいます。 間違っている方が、正しくなる、という異常が許されています。間違っている方が邪魔をし続けます。 物事の理解を毎回間違うのです。ですから毎回、間違って邪魔をする事が可能になりますし、それをしています。 どうしたらそこまで間違えられるものですかねw。テストは零点だろうし、仕事は不正だらけ、日常的には犯罪行為をしていると思われます。 どうしたらいいですか。

・STAP関連を問わず、あらゆる記事のヤフコメでいつも「STAPあるある!」と主張していた『STAP細胞は、あります』さんを見かけなくなりました。STAP細胞がなかったから、消えたのでしょうか? いま、あの人はどうしているのでしょうか?

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。 第2次調査委員会で行われたテラトーマの検証結果についてです。 報告書にはゲル写真、グラフ、図表等がありません。 「FES1が使われた可能性が高い」という主張だけで、それを裏付けするデータは公表されていません。 他の調査項目にはありますが、テラトーマ関連のものはありません。 調べた実物も、論文に使われたスライドグラスそのものではありません。 形状がよく似ている、パラフィンで固められたテラトーマ標本です。 その標本を脱パラフィンしてから切片を作成し、それを調べたそうです。 そしておそらくそのテラトーマ標本はすべて失われたと思われます。 不思議に思うのは、定量PCR結果のデータがないことです。 他の調査項目では、写真や図表が必ずあるのですが、テラトーマのものはありません。 結果を文言で記しているだけで、データがないのです。 報告書では ・パラフィンブロックから組織切片を作成 ・定量PCR ・FISH並びに染色体ペインティング といった作業を行ったことが明記されていますが、そのデータは示されていません。 結果についての解釈を述べているのみです。 形状の類似度合いをもとにパラフィンブロックを同定した点については、写真を掲げて説明しています。 実際には、実験結果の写真やグラフを目視で確認したと思います。 そして妥当な解釈であると信じて「テラトーマはFES1に由来する可能性が高い」と報告書に記載したはずです。 しかし、その写真もグラフも一般社会には示されなかった。 この実験は本当に行われたのでしょうか? もしくは、つっこみどころ満載であるために隠したのでしょうか? 確かに実験が行われたのなら、実験ノートがあるはずです。 それを公開するべきではないでしょうか?

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。 STAP幹細胞は実はES細胞だった件です。 FES1、FES2、FLS3、ntESG1、ntESG2のNGSデータのクオリティスコアを調べてみました(Q-33)。 NGSデータは、細胞ごとにforward/reverseの2つがありました。 それぞれの30未満と30以上の比率は次のとおりでした。 FES1(forward)=11:89 / FES1(reverse)=30:70 FES2(forward)=10:90 / FES2(reverse)=27:73 FLS3(forward)=10:90 / FLS3(reverse)=25:75 ntESG1(forward)=10:90 / ntESG1(reverse)=25:75 ntESG2(forward)=10:90 / ntESG2(reverse)=25:75 総じて reverse のデータのQが大幅に低くなっています。 これは普通なのでしょうか? reverseのデータは、遺伝子欠失等を判定するのに重要だそうですね。 とすると、reverseがあるデータだけが有効とみなされることになり、 つまり、読み取った塩基配列の30%も捨てることになるのでしょうか? それでも「使える」のでしょうか? また、読み取られたデータ数(塩基数?)は、細胞ごとにばらつきがありました。 データ数で分類すると、FES1/FLS3/ntESG1 と、FES2/ntESG2 に分かれます。 それぞれのグループはほとんど同じで、後者は前者より 8% ほど少ない。 8%といっても、元のデータ数が非常に大きいので、8%に対応するデータ数も非常に大きいのです。 この差は、無視してよいものなのでしょうか? 正直な話、これらの数値にどのような意味があるのかさっぱりわかりません。 リファレンスゲノムへのマッピングもトライしていますが、いろいろな考慮が必要となるようです。 NGSは、人間系依存の部分が多すぎませんか? 信頼できる技術なのでしょうか?

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。 若山さんが作製したSTAP幹細胞の件です。 STAP幹細胞は、若山さんだけが安定的に樹立できていたそうです。 特筆すべきこととして、山梨大学へ高待遇で転出する直前に、 若山さん自身でSTAP細胞作製からSTAP幹細胞樹立までを再現していたことが挙げられます。 「I did 100% by myself, but each step was looked by Dr. Obokata. Much the same, one of my PhD student also succeeded to establish STAP-SC」 (ポール・ノフラーのインタビュー記事より) STAP幹細胞が実はES細胞だったのなら、 素直に考えれば「若山さんがコンタミさせた」となるでしょう。 若山さんが「再現した」とき、基本的には論文に従った手順をとったはずです。 つまり 1.129B6F1の1週齢のマウスから脾臓を取り出し 2.CD45+細胞を集め 3.酸処理ののち 4.7日間培養し 5.細胞塊が形成されたことを確認し 6.細胞塊を別の培地に移してさらに培養し 7.増殖していることを確認した という作業手順だっと思います。 STAP研究が行われてたころ、CDB若山研では核移植ES細胞を頻繁に作製していました。 核移植ですから、DNAの相違にはさしたる注意は払わなかったのではないでしょうか。 「同じに決まってる」と気にも留めなかったのではないでしょうか。 たとえコンタミしても、核移植ですから、オールオッケーというつもりだったのではないでしょうか。 ピペットも培養皿も当然のように再利用していたのでは?

・ヤフコメのSTAPジジイってどんな人なんですか? ヤフコメある意味有名なんでよね?

・2012年時点で、客員小保方と世界の若山が投稿した論文は、サイエンス誌から、ES細胞の疑いで突き返されました。 若山氏はなぜ樹立したSTAP細胞の遺伝的背景を自ら調べることなく、理研を去るに至ったのですか。 TCR遺伝子再構成の確認に関する若山氏の言及はありますか。 何をもって初期化を客観的に確認されたというのでしょうか。 同一性を提示しなければならない研究において、 「普通の研究者」は遺伝的背景を付き合わせる作業をしませんか。 これはどの時点でも可能なはずです。 それこそ、コンタミの可能性は潜在的に常にあるわけですし。

●気になる商品を検索

Error

●気になる話題を検索