STAP現象 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:STAP現象について? 解決方法/評価

・STAP細胞ってなんですか?

・STAP細胞はあります。

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 ねずみ男否定もお控えください、m(_ _)m。 今回は、ある種の頭の体操です。 さて本題です。 最近、刺激惹起性の多能性幹細胞の論文が発表されました。テキサス大学医学部の研究室からの「Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells」です(以降、「iMuSCs論文」)。 媒体は、あのNatureの出版社のオンラインジャーナル「Scientific Reports」(査読付き)です。 このiMuSCs論文は、端的に言うと、物理的刺激によるSTAP現象をトレースしたものになっています。 もちろん論文として発表するのですから、著者らの独自性を主張していますが、本質的な違いはありません。 まさに「Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency」という現象を述べています。 追試成功の報告や、肯定的に引用している論文が出てきたら、STAP細胞問題の決定的な転換点となるでしょう。 ま、仮定の話に過ぎないのですが、どこまで状況を押し戻すべきかを検討しておく必要があるでしょう。 STAP研究にたいする、これまでの批判的な、ときには暴言同様の、言動については条件付きで不問に付しましょう。 科学には自己修正機能が備わっているのですから、日本の科学コミュニティも自己修正できるはずです。 そのうえで、そこそこの予算規模でSTAP研究の再開がなされる必要があると思います。 どのくらいの予算規模が適切であるかは、学も能力もなく、科学コミュニティのみなさんからすれば暗に蔑むべきと認識されている平凡な一般人にすぎない不肖わたくしめごときがその金額を言明することは困難です...。 どのくらいが適切なのでしょうか? 人件費別で500万円ぐらいですか? 500万だと、どのようなことができるのでしょうか? 1000万だと、どうでしょうか? 予算規模を検討するための根拠となる研究計画をお聞かせください。 これは科学コミュニティの責務だと思いますよ。 ※再開などしない、というご意見もあるかと思いますが、その回答は不要です。 そのような意見があることは、科学コミュニティのみなさんからすれば悟られずに無視するべきと認識されている 平凡な一人の納税者にすぎない不肖わたくしめにとっても自明ですので、 あらかじめ言及しておきます。

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 ねずみ男否定もお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。 衝撃の手記「あの日」を読みました。 4章に以下の記述がありました。 <--ここから そこで、生体内で損傷した部位にOct4陽性細胞が生み出されるのかを観察するための実験も開始した。 1つ目は、外傷モデルを作製して、マウスの肺や足の筋肉に外傷を与え、その部位にOct4陽性細胞が現れるかを観察する実験だった。 ~中略~ 2つ目は、逆流性食道炎モデルを作製して、マウスの食道に胃酸によるストレスを与え、食道にOct4陽性細胞が現れるかを調べた。 ~中略~ 結果的に外傷モデルでも逆流性食道炎モデルでも、生体内でストレスがかかった部位の組織には、 Oct4陽性細胞が観察された。 <--ここまで 組織修復にかかわっているかどうかは確認していないそうです。 とはいえ、このOct4陽性細胞はiMuSCsと同じものですね?

・スタップ細胞の捏造が完璧に分かったんですか。驚きました。. STAP細胞の捏造の犯人は若山照彦さん? 若山さんから提供を受けたマウスのせいでこんな事件になってる。 物事の順番から考えてもすり替えができるのは若山さん。 当の小保方さんと言えば、能力を考えるとすりかえられてるなんて気付きそうに無い。 毎日新聞によると若山さんは「責任転嫁される恐怖」があるから一連の会見、暴露合戦をしたと言ってますが、そんなの自分がやましいから敢えて予防線を張っただけ。 小保方さんが悪者だからこそ弁護士を雇ったというなら、その論理は若山さんにも。 オウムの菊池も責任転嫁されるのが嫌だから逃げ回ってたって。 同じ? ベストアンサーに選 断言できないが、私もやはり若山教授が怪しい?と疑う 更に、あくまで妄想だが、黒幕は意外に若山教授ではないか?と思っている 思わないか?今回の事件では、異常・異様とも言えるほど、若山教授は目立っている(目立ちすぎ)のではないか? 最初に熱心に小保方氏を擁護していたのも若山教授 途中に論文の取り下げを呼び掛けたのも若山教授 最後に僕のマウスじゃないと言い出したのも若山教授 また、笹井氏の会見によれば、論文に笹井にも連名するようと懇願していたのも若山教授 当初、まるで小保方氏のスポークスマンのようにマスコミにぺらぺら喋り捲ったのは若山教授だったのではないか? 一見、小保方氏を庇っていたようだが しかし、若山教授が喋れば喋るほど、小保方氏が益々不利な立場に追い込まれたのも事実のではないか? 諸悪は小保方氏だと定番になっているが、 しかし、STAP細胞の研究は、マウスがないと成り立たない、マウスの権威は若山教授しかいない 実はもう一つの可能性としては、 若山教授は最初から意図的に偽のマウスを小保方氏に提供したのではないか?と疑う 小保方氏が若山教授から受け取ったマウスは本物なのか偽者なのかは若山教授しか分からず、小保方氏は信じるしかないのではないか? もし、最初から若山教授がマウスに小細工をしちゃったら、全ては狂ってしまうのではないか? そして、小保方氏をはじめ、理研の全員が騙されてしまうのではないか? この仮説は、むしろ全てが辻褄が合うのではないか? では、なぜ若山教授がそこまで?動機は? 色々と考えられるが、例えば、小保方氏の奇想天外な発想への蔑視・笹井氏の小保方氏に寵愛への嫉妬、・・・・・・ また、単なる疑問だが、考える価値がある事実として 若山教授は理研から山梨大に移籍したことは、 本人の意思?それとも本人の意思に反する? 栄転?それとも左遷? もし、本人の意思に反すれば、或いは左遷なら、 若山教授は理研を恨んでいるのも十分に考えられるのではないか? 小保方をはじめ、理研そのものを地獄に陥れようという動機も十分にあり得るのではないか? その結果、STAP騒動が起きた (なお、山梨大の高給スカウトで理研から山梨大へ移籍したとの説もあるようだが、東大・京大ならまだ分かるが、山梨大って、高給だから移籍したなんて、普通に考えられる?何か表に出せない理由でもあったのではないか?逆にもし本当なら、志の高い科学者といえる?むしろ金の亡者だ!しかし、金なら何でもやる奴は、魂も躊躇なく売っちゃうよ!つまり最も信用できない!) ミステリードラマや推理小説を見すぎで申し訳ないが、事件が起きたら、犯行した人は誰だ?と真っ先に疑いは、得する人は誰だ?!とは鉄則のようだ では、 今回のSTAP騒動では、小保方氏をはじめ、理研全体が壊滅なダメージを受けている その一方、関係者の中に、STAP論文の共著者の中に、唯一の誠実な謙虚な真正な紳士的な科学者だと評判されているのは、若山教授だけ 不思議だと思わないか? というのをコピペです。 これでいくら閲覧数が得られると思いますか。

・STAPの特許申請で51%の権利を主張しておいて、金は要求するけど責任は女の子になすりつけます となすりつけた、ハゲ教授を『捏造の新聞記事』の須田桃子さんって、なんで追求しなかった のですか?

・以下は事実だとご存知でしたか? 食は血となり肉となる。 栄養は血球細胞になり赤血球や白血球(リンパ球)をつくり体細胞(血、肉、神経、骨など)に変わる。 赤血球が白血球を生み出す。 小保方さんが見たのはリンパ球。 リンパ球が刺激で体細胞に変わるのを偶然に目撃したのがSTAP細胞です。 つまり、血球細胞=万能細胞。

・以下は事実だとご存知でしたか? 食は血となり肉となる。 栄養は血球細胞になり赤血球や白血球(リンパ球)をつくり体細胞(血、肉、神経、骨など)に変わる。 赤血球が白血球を生み出す。 小保方さんが見たのはリンパ球。 リンパ球が刺激で体細胞に変わるのを偶然に目撃したのがSTAP細胞です。 つまり、血球細胞=万能細胞。

・STAP細胞の特許申請での51%の自己権利の主張をした独善的な若山教授って 51%の自己権利を主張しておきながら、よくも「私は実験をしただけで、STAP細胞がどのマウス系統か知らなかった」などとよくも逃げ回ったものですが、 若山教授ってどういう方なのですか?

・ありえへん∞日本 報道の在りかた。みなさんおかしいとは、思いませんか? STAP細胞。バス事故。鑑定団。相撲協会。イスラム国。群馬大

●気になる商品を検索

Error

●気になる話題を検索