STAP現象 【解決方法Q&A/疑問攻略/経済】


Q&A:STAP現象について? 解決方法/評価

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 ねずみ男否定もお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。以下は、衝撃の手記「あの日」の一節です。 <--ここから 2012年3月になると私には、若山先生から若山研のメンバーをフルに使って急いで幹細胞株化の論文を 仕上げるように指示が出された。 指示されたメールの中には、「他の人に実験を頼むよりも自分で実験したほうが確実、などと言っている余裕はありません」とまで書かれ、論文執筆をかなり急がされた。 この頃にはまだ未申請のままであった、ヒト細胞を使った実験に関しても、 「行ったのはその承認後だったということにすればいいだけです」とメールで指示をされる程だった。 <--ここまで 実際に承認前に実験をやってしまったのかどうか不明ですが、 若山さんの「行ったのはその承認後だったということにすればいいだけです」という言明は、衝撃的です。 けっこうな無法感があります...。 現在のルールでは、研究計画書を研究機関の長へ申請し、倫理審査委員会を経て、 文部科学省が受理・研究機関から承認がおりてから実施する、という流れのようですね。 やっぱり面倒くさいのでしょうか? ヒト体細胞は自分自身から簡単に調達できるでしょうし、論文化はせず、でも実験しちゃっている科学者はけっこういるのでしょうね~...。 ヒト胚の作製は禁止されているようですが、律儀に守っている科学者はどの程度いらっしゃるのでしょうか?

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 ねずみ男否定もお控えください、m(_ _)m。 <--ここから 誤った二分法(あやまったにぶんほう、英: false dichotomy) あるいは誤ったジレンマ(英: false dilemma)は非論理的誤謬の一種であり、 実際には他にも選択肢があるのに、二つの選択肢だけしか考慮しない状況を指す。 密接に関連する概念として、ある範囲の選択肢があるのにそのうちの両極端しか考えないという場合もあり、 これを白黒思考 (black-and-white thinking) などと呼ぶ。 なお "dilemma" の先頭の "di" は「2」を意味する。2つより多い選択肢の一覧が示され、 その一覧以外の選択肢が存在するのに考慮しない場合、 これを誤った選択の誤謬 (fallacy of false choice) または 網羅的仮説の誤謬 (fallacy of exhaustive hypotheses) と呼ぶ。 誤った二分法は、特に選択を相手に強いるような状況で生じる(「お前が俺たちの仲間にならないなら、お前は敵だ」)。 また、希望的観測や単なる無知によって選択肢を網羅できないために発生することもあり、詭弁とは限らない(「友達だと思っていたのに、昨日の晩はみんな来てくれたのに、お前だけ来なかった」)。 2つの選択肢が提示されたとき、それらは様々な選択肢の両極端であることが多い(常にそうとは限らない)。 これは、選択肢が相互に相容れないものだという印象を与え(本当はそうではないかもしれない)、 より大きな主張を信じさせる効果をもたらす。 さらに選択肢は網羅的であるかのように提示されるが、他の可能性を考えたり、 ファジィ論理のように可能性のスペクトル全体を考慮することで、誤謬だと指摘できるか、 少なくとも効果を弱めることができる。 <--ここまで (「誤った二分法」Wikipedia) さて本題です。 最近、STAP論文(撤回)を引用した論文が発表されました。 「Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes」で、 ドイツのハイデルベルク大学のIPMBからのもので、媒体は BBRC(査読付き)です。 Jurkat T細胞に対して STAPプロトコルを適用し、その結果を検討したそうです。 酸浴なしの場合は DAPI only(+):PI(+):alkaline phosphatase(AP)(+)=84.4%:4.5%:11.4% に対して STAPプロトコル(pHは3.3に調整)を適用すると 15.9%:56.1%:27.9%となったそうです。 Cells on the matrix were quantified by counting fluorescence signals. で、 DAPI negative とboth AP and PI positive は除外したので、比率での提示にしたようです。 Oct4の発現は弱く、多能性の確認はしておらず、 This phenomenon was found to be irrelevant to aquired pluripotency.と述べています。 酸浴なしの場合と、酸浴させた場合の写真で細胞を数えると、AP(+)の細胞数は若干増えたようです。 AP(+)の比率が増えたのは、AP(+)のまま生き延びた細胞がいることから、pH3.3 がAP(+)のJurkat T細胞に適した環境なのではないか、 さらにAP(+)が若干増えたようだということから、 DAPI only(+)から AP(+)に遷移したJurkat T細胞があった、と考えられます。 しかし、Oct4の発現程度からは多能性を獲得したとはみなせないのでしょう。 iMuSCs論文のときは「酸浴じゃないからぜんぜん違う」というヨタ話をする人もいましたが、 この論文では酸浴そのものです。 酸処理を含む致死性一歩手前の外部刺激によって多能性マーカーが発現する、は、やはり自然の摂理なのでは? 理研の検証実験でもそうでしたが、オボちゃんが発見した「酸浴」という手法は、 初期化に密接に関連しているのでは? 筆頭著者は韓国の国費留学生だそうです。 白黒思考を捨てて、STAP研究を再開するべきではないでしょうか...。 国益を損なうような気がしてなりません...。 ところで質問は、論文の内容についてではありません。 この論文は有料なのですが、不肖わたくしめは何をトチ狂ったのか、この論文を購入してしまいました(苦笑)。 41.95USドルです。 高いですね~。 なんでこんなに高いのでしょうか? どういう値付けロジック? 取り分は?

・二年前に小保方晴子さんが会見で「STAP細胞はあります!」と断言されましたが、あれは英語に訳すとどうなりますか?

・STAP細胞問題について質問です。 オボちゃん否定はお控えください、m(_ _)m。 ねずみ男否定もお控えください、m(_ _)m。 さて本題です。 PEACEのサイトで理研CDB・若山研時代の動物実験研究計画書を見たのですが、疑問が湧きました。 2011年の「生体内・生体外ストレスによる体細胞のリプログラミングおよびそのメカニズムの解明」という研究課題の計画書で、動物実験責任者は若山さんです。 キメラ作製に必要なマウスとして2年間で300匹、 多能性マーカーを利用する目的でOct-GFPマウスを150匹などと記載されています。 Oct-GFPマウスは「一度の実験に2匹使用。年50回の実験を行うため、実験終了までに150匹必要」となっています。 2014/6/16 の会見で若山さんは、STAP研究用のマウスは交配して生まれたはしから実験に供しており、 その数は記録していない、と明言していますので、 実際に使用したマウスの匹数は不明です。 つまり、動物実験計画書に明記している匹数は無意味な数字になってしまっています。 若山研が特別に無頓着なのですか? それとも、これがスタンダードなのでしょうか?

・よく霊だとか神だとかは存在する、と言うと じゃあそれを科学的に証明してみろ、みたいに 言う人いますけど、結局科学で証明されていなければ 何も信じない可哀想な人達なんですね? そういう人たちは。 例えばですけど、話題になったSTAP細胞だとか反重力 だとか未科学の分野も私は確実にあると信じていますけどね。

・STAP細胞はあるんですよね?

・STAP細胞はありまぁす! あの人は今、どうしているのでしょう… STAP細胞は存在しないのですか?

・理研も震える「小保方晴子の大逆襲」 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160424/Taishu_21634.html >本の帯には<真実を歪めたのは誰だ?>とありましたが、歪めるも何も、それが真実であり、要するに“捏造”だったのは疑いようがありません >論文も出した後で、共同研究だから、その協力者の協力がないとSTAP細胞を再現できないなんて言い訳が成り立つわけがない。 >ネット上で彼女の実験ノートを見ましたが、まさに“子どもの落書き”ですね >100%ありえません。彼女自身、そのことは分かっているはず >彼女が本気で口を開けば、首が飛ぶ者は複数います。ただ、そうすれば彼女も“共犯”に問われかねないので、おいそれとは口にはできない。本当の狙いは、レシピ公開を名目に、“ある程度の時間が経過したら、なんらかの形で研究者として復帰させてもらえませんか”というメッセージのようにも聞こえるのですが Q 貼子は、ど~しようもない腹黒女ですか?

・理研も震える「小保方晴子の大逆襲」 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160424/Taishu_21634.html >本の帯には<真実を歪めたのは誰だ?>とありましたが、歪めるも何も、それが真実であり、要するに“捏造”だったのは疑いようがありません >論文も出した後で、共同研究だから、その協力者の協力がないとSTAP細胞を再現できないなんて言い訳が成り立つわけがない。 >ネット上で彼女の実験ノートを見ましたが、まさに“子どもの落書き”ですね >100%ありえません。彼女自身、そのことは分かっているはず >彼女が本気で口を開けば、首が飛ぶ者は複数います。ただ、そうすれば彼女も“共犯”に問われかねないので、おいそれとは口にはできない。本当の狙いは、レシピ公開を名目に、“ある程度の時間が経過したら、なんらかの形で研究者として復帰させてもらえませんか”というメッセージのようにも聞こえるのですが Q 貼子は、ど~しようもない腹黒女ですか?

・STAP細胞検証実験「成功」の条件は~ 書籍:あの日 著者:小保方 晴子 P217~219 ポケットのない洋服で通勤することを強いられ、その上からエプロンを立会人によって着せられ、脱ぐことは許されなかった。 毎日、着せられるエプロンは、レントゲンを撮る時に着せられる鉛の防衣のように重く感じられ、体を自由に動かすことができなかった。 私を採用してくれた先生たちからは「魔術を使う」と言われ、誰も信じてくれない。 一人で理研内の廊下を歩くことも、許されなかった。 見動き一つ制限されることへの精神的な負担が、肉体的な痛みだけでなく、思考力や記憶力までも、少しづつ奪っていった。 一人になれるのはトイレの個室の中だけだった。 腰をかけても体を支えることができず、壁にもたれかかると止めどなく涙があふれてきて、声を殺して泣いた。 (略) マウスの組織から細胞を取り出し、酸処理をして、培養を行う実験を開始して数回目、緑に光る細胞塊を久しぶりに見た時、やはり自分が見たものは幻ではなかったのだと思い、もう一度この子たちに会えてよかったと、久しぶりに肩の力が抜け、顕微鏡写真を撮ると、その場に倒れ込んだ。 世界中で行われていた再現実験では、緑色に光る細胞塊の形成すらできてこないと大々的に報道されていたが、緑色に光る細胞塊を11月末までに確認できれば、検証実験は翌年3月まで行える条件になっていた。 ただ、STAP細胞検証実験「成功」の条件は私が自分で観察していた現象を超え、若山先生が作ったキメラマウスの作製成功に定められてしまっていた。 この本、上記の例のように 「こうこうい~いう訳で最悪の状態だった」 「悲しくなって泣いた」 と、そんなことが何回も書かれています。 それと、比喩を使ってもの凄く大袈裟な表現を使っています。 Q1 「私なりに必死に頑張りました」「私は弱いんです」「私ばかりを責めないで下さい」と、言いたいのですか? Q2 報道されている内容と全く異なることが沢山書かれている本ですが、特に最後の2行が酷すぎますか? STAP細胞検証実験「成功」の条件は~

●気になる商品を検索

Error

●気になる話題を検索